アクリレート市場は2023年から2033年にかけてCAGR6.3%の大幅な成長

アクリレート市場は予測期間中に金額ベースでCAGR6.3%で成長すると予測される

アクリレート市場は、2023年に68.6億米ドルとなり、2023年から2033年までのCAGRは6.3%で、2033年には88億米ドルに到達すると予測されています。包装、消費財、建築・建設、自動車、繊維などの最終用途産業におけるアクリレートの需要増が、アクリレート市場を牽引しています。アクリルモノマーは柔軟性、硬度、光沢などの特性を有しているため、これらの最終用途産業におけるさまざまな用途に適しています。アクリレートモノマーがもたらす環境・健康問題が市場を抑制しています。

用途別では、塗料・コーティングの市場が2023年から2033年にかけて最も高いCAGRで成長すると予測されています。

ペイント&コーティングは、すべての用途の中で最大かつ最速で成長する用途と予測されます。環境問題の高まりによる水性塗料の需要増が、塗料・コーティングにおけるアクリレートの成長を後押ししています。また、住宅や建設・リフォームの成長も、この用途の成長をさらに後押ししています。


グラフと図表を含む本レポートのサンプルコピーを入手する。 https://www.sdki.jp/sample-request-108578



最終用途産業の中では、パッケージングセグメントがアクリレート市場をリードしており、2023年から2033年にかけて最も高いCAGRで成長すると予測されている

パッケージング最終用途産業セグメントは、アクリレート市場をリードしており、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予測されています。市場のこのセグメントの成長は、包装の形で布地、プラスチック、紙、金属にアクリレートを使用することが増えたことに起因していると考えられます。

アジア太平洋地域のアクリレート市場は、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予測される


アジア太平洋地域のアクリレート市場は、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予測されています。これは、中間層の人口増加、急速な都市化、消費者の購買力向上により、この地域の建設産業の成長による塗料・コーティングの需要増に起因しています。また、同地域の消費財およびパッケージングの最終用途産業も、アジア太平洋地域におけるアクリレートの需要を後押しし、アクリレート市場の成長に寄与しています。

本調査は、世界中の様々な業界専門家とのプライマリーリサーチを通じて検証されました。一次情報源は、企業タイプ、呼称、地域の3つのカテゴリーに分類されています。


- 企業タイプ別 - Tier1-56%、Tier22%およびTier22
- 役職別 - Cレベル-90%、Directorレベル-5%、その他-5
- 地域別 - アジア太平洋-35%、北米-5%、欧州-45%。
中東&アフリカ-10%、南米-5

研究範囲。

本レポートは、地域横断的に様々な最終用途産業で様々な用途に使用されるアクリレートに関する洞察を提供します。予測期間中のアクリレート市場の規模を推定することを目的とし、形態、最終用途産業、地域などの異なるセグメントにわたる市場の将来の成長可能性を予測しています。さらに、アクリレート市場の主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、SWOT分析、最近の開発、主要な市場戦略も掲載しています。

レポート購入の主なメリット


本レポートは、市場全体とその様々なサブセグメントに関する収益の最も近い概算を提供することで、アクリレート市場における市場リーダー/新規参入者を支援します。本レポートは、利害関係者が競争環境について理解を深め、ビジネスを強化し、適切な市場戦略を考案するための洞察を得るのに役立ちます。また、当レポートは、利害関係者が市場の鼓動を理解し、アクリレート市場の成長に影響を与える主要な市場促進要因、阻害要因、課題、機会に関する情報を取得するのに役立ちます。

レポート全文のご請求・閲覧はこちら アクリレート市場

この記事へのコメント