エアゲルの2023年市場規模:CAGR11.6%、上位国データ、主要地域、2033年までの成長予測

"エアロゲル市場は予測期間中にCAGR11.6%を記録すると予測"

エアロゲル市場は、2023年に4億5300万米ドルと推定され、2023年から2033年にかけてCAGR11.6%で7億8540万米ドルに達すると予測されています。エアロゲル市場の成長は、主に従来の断熱材よりも優れた耐熱性を持つことに起因しています。また、より薄くて軽いという性質と環境に優しい材料であることが相まって、2023年から2033年にかけてエアロゲルの需要をさらに高めると予想されています。しかし、製造コストが高く、機械的強度が低いなどの要因が、予測期間中の需要を抑制すると予想される。

"ポリマーエアロゲルが最速の成長セグメントになると予想"

ポリマーエアロゲル市場は、2023年から2033年の間に最も高いCAGRを記録すると予測されています。ポリマーエアロゲルの需要が高いのは、シリカエアロゲルよりも機械的強度が高いためである。さらに、ポリマーエアロゲルの強い耐熱性は、予測期間中に市場を牽引すると予想される。

サンプルレポート(英語 https://www.sdki.jp/sample-request-109198

"コンポジットが最も成長率の高い加工セグメントに"

加工別では、コンポジットセグメントが2023年から2033年の間にエアロゲル市場で最も急成長するセグメントと予測される。このセグメントの高成長は、主に研究開発への注力と、パフォーマンスコーティングやデイライティング&LVHSを含む様々な用途からの需要によってもたらされます。

"APACは予測期間中に最も急成長する市場と予測される"

地域別では、APACのエアロゲル市場が2023年から2033年の間に最も高いCAGRを記録すると予測されています。この高成長は、同地域の新興プレーヤーと、建設、自動車、航空宇宙用途の需要増に牽引されると予測されます。

本レポートの一次取材者のプロフィールの内訳

- 企業タイプ別 - ティア1〜37%、ティア2〜50%、ティア3〜13%。
- 役職別:Cレベル-50%、ディレクターレベル-31%、その他-19
- 地域別:北米-28%、欧州-22%、APAC-17%、中東・アフリカ-28%、その他-19
28%、南米-5%となっています。

本レポートで紹介する主要企業は、Aspen Aerogels(米国)、Cabot Corporation(米国)、Aerogel Technologies(米国)、Nano High-Tech(中国)、Guangdong Alison Hi-Tech (中国)、Active Aerogels(ポルトガル)、Enerens(フランス)、Jios Aerogel(韓国)、BASF(ドイツ)、Svenska Aerogel(スウェーデン)です。

調査対象


エアロゲル市場は、タイプ、形態、加工、用途、地域に基づいてセグメント化されています。タイプ別では、シリカ、ポリマー、カーボン、その他(金属、金属酸化物、金属カルコゲナイド、炭化物、量子ドット)に細分化されます。形状により、ブランケット、パーティクル、パネル、モノリスに区分される。加工方法によって、市場はバージン(製造時)、コンポジット、添加剤に細分化されます。用途別には、石油・ガス、建設、輸送(自動車、航空宇宙、船舶)、パフォーマンスコーティング、デイライト、LVHS、その他(医薬品、工業・低温技術、軍事・防衛、家電、パーソナルケア・化粧品、衣類・アウトドア用品、研究活動)に分類されます。また、地域別では、APAC、欧州、北米、中東・アフリカ、南米に区分されています。

主なメリット

本レポートは、以下の調査を対象としています。
- タイプ、形態、加工、アプリケーション、地域とそのサブセグメントに基づく市場細分化
- ドライバー、阻害要因、機会などの市場ダイナミクス
- バリューチェーン分析
- エアロゲル市場に関するポーターのファイブフォース分析
- エアロゲル市場における主要企業のプロファイル

お問い合わせとレポート全文の閲覧はこちら エアジェル市場

この記事へのコメント